「CakePHPで作るWEBサイト」連載を予定しています

 表題の通り、CakePHPを用いてWEBサイトを制作する一連の流れを、連載してご紹介していくことを現在検討しています。

 当初からの当ブログの開設目的である「CakePHP等に関するドキュメントを残す」目標をさらに一歩進め、一つのWEBサイトを開設するまでを、How Toとして残していきたいと思います。
 また、CakePHP本を含めて、現在発売されている参考書籍は実践的なものが少なくサンプル的なものばかりなので、より実践に近い形で書いていこうと思います。このため、サイト制作の経験のない方、もしくは個人的に多少制作の経験がある程度の方にとって、多少ハードルの高い読み物になるかもしれません。

 掲載スケジュールですが、残念なことに大変多忙な状況の中でやろうと考えていますので、現時点で目処は全く立っていません。また、掲載回数も全く決定しておらず、くだけた表現で言うなら「行き当たりばったり」でいこうと思っています。何故かというと、上記多忙な状況下でやるという理由もありますが、一番の理由は「自分自身がまだCakePHPについて理解度が少ない」点があること、また、自分が「無計画好き」という、システム開発者としてあるまじき性格の持ち主だからです(大汗)。大まかなガイドラインは頭の中にあるものの、現時点でどのようなボリュームになるか全く見当がつきませんので、書いていきながら臨機応変にいきたいと思っています。
 どちらかというと、連載が完結してからこれをベースに推敲し、書籍化したものを提供した方が皆様にとってためになるのかもしれません。まあでも書籍化なんて夢物語ですし、リアルタイム感があって面白いかなとも思いますし、現状やはり参考になるサイト等も少ないですから、少しでも早く提供できた方が良いかなと思っています。

 そんなわけで、先行き不安な企画ですが、とりあえず生温かく見守っていただけますと幸いです


“「CakePHPで作るWEBサイト」連載を予定しています” への2件の返信

  1. お初になります。
    自分もSeesaaでプログラミングっぽいBlogをやっていて
    ほかにIT系のblogってどんなのがあるかなーと検索してやってきました。
    普通のPHPは触った事がありますがCakePHPはどういうものか
    まだよくわからないですが、興味があるので
    これから勉強させてもらいます!頑張ってください!

  2. 夏ミカンさん、ご来訪ありがとうございます。

    CakePHPは、簡単に言うとサイトのひな形を提供してくれる「フレームワーク」というもので、サイト内の動的な制御等を一部肩代わりしてくれる、大変に便利な仕組みなんです。数ページ程度のHPでは導入する意味は全くないですが、例えばブログサイトとか、ショッピングサイトとかを自力で作らなければならない場合に大変に役に立つものなんです。もし将来サイト開発に携わるようなことがあるのなら、CakePHPは置いておくとしてフレームワークの理論が大変に役に立つと思うので、覚えておくと損はないと思いますよ。

    夏ミカンさんはActionScriptが得意のようですね。現在、サイトアプリケーションのインターフェースとしては、ActionScriptとAjaxの組み合わせは最強だと思いますので、是非極めてください(笑)。

コメントは受け付けていません。