【Tplcutter】次バージョンはいろいろな意味で「革命的」

仕事が忙しすぎていて手つかずだったのですが、そうも言っていられないため、Tplcutterの次バージョンについて現在仕様を練っているところです。
次バージョンのバージョンコードは0.3.0の予定ですが、一気にメジャーバージョンを0から2とかに引き上げてもいいような、「革命的」なものになりそうです。

今回のバージョンアップは、一つ目標となるものがあります。それは「WordPressのテーマをTplcutterで作れるようにする」ことです。
WordPressのテーマ(テンプレート)は、CakePHPと似ていてPHPコードベースなのですが、ヘッダとフッタが別ファイルに分かれているタイプで、現在のTplcutterでは生成が出来ません。また、これはテーマの作り方次第なのかもしれませんが、デフォルトのテーマでCSS部分をのパラメータをプログラムで可変しているところがあり、これがDreamweaverなどのデザインツールで編集しにくくしています。
このブログのデザインを変更したいというのもあるのですが、今後の業務としてWordPressを用いた案件を考えていまして、ちょっといろいろ試していたのですが、あまりにもテーマ編集が難しくて、このままではうまくいかないと感じたため、Tplcutterの出番登場という訳です。
この2点を最低でも何とか出来るような仕組みを考えているのですが、最終的にこれが解決出来るような仕組みを実装するとかなりの自由度が出ることになり、今までのTplcutterとは比べものにならないくらい便利なものになるかと思います。

とりあえずCakePHPカンファレンスで紹介してTplcutterの単語はCakeの世界(日本限定)ではそれなりに知られるようになったかもしれませんが、出来ればほかのシステムでも使って欲しいので、WordPressユーザにも広められれば私的には嬉しいかなと思います。できればほかのシステムも一通り試して、それにあった仕組みを追加していければ、もっと早く、ほかのユーザ様にも広めていけるのですが、なにぶん時間が足りないものですから、自分の世界の範囲内でしか出来ないことについては申し訳なく思っています。

そして、現在ご利用していただいているユーザ様にもお伝えしなければならないことがあります。
大変に残念なのですが、どうやら現状のTplcutterタグの指定方式を変更しなければならないようです。
つまり、現在のテンプレートを新バージョンに引き継げなくなりそうです。

現在いろいろな機能をTplcutterに持たせてきたのですが、タグの表現方法に限界がありまして、新機能への割り当てが困難な状況となっています。このため、現在の表現方式を変更して、将来的にも拡張がしやすいようなものに仕様と考えています。
現在はタグ内に含まれている記号が動作を意味していましたが、今回からは動作コマンド名と、そのパラメータが指定できる、多少「プログラムチック」なものになる予定です。こうなっていたのは、該当部分の抜き出しを簡単にしたかったという、作り手側の事情があったからなのですが、プログラムを頑張ってもう少し高級なものに置き換えます。
具体的には、たとえばレイアウト部分は「<!– #layout name=”hoge” output=”false” –>~<!– #layout –>」みたいな表現方法になります(ちなみにこの例ではファイル書き出しを抑制するオプションを指定しています)。多少プログラマー寄りになることで、デザイナーが扱いにくくなるかとは思いますが、この程度でしたらHTMLタグとかとあまり変わらないと思いますので、ぎりぎりセーフかな、と(^^;;;。
まだ本決まりではないのですが、このような理由で「革命的」というわけです。
互換性を代償に便利さを求めることになり申し訳ないと思いますが、ご理解いただければ幸いです。

これ以外にも、以前に上げていた拡張案を元に、手っ取り早く実現できるものも搭載できればと考えています。

なお、公開時期は全くもって未定です。
まあでも、少なくとも年内に公開することは「ない」と思います(大汗)。