【SmartyView】SmartyViewリリース変更のお知らせ

 本日公開を目指して作業をしていたのですが、一つ難題を抱えてしまったので明日に延期したいと思います。

 理由は、今回のバージョンアップで削除していたViewキャッシュ部分を復活させようと思っていたのですが、残念ながら呼び出し側で標準ctp/thtml以外のファイルで呼び出された場合にこのキャッシュフラグが無効になってしまっていて、そのままでは無意味なものであることが分かったためです。当然Smartyはtplファイルのため、そのまま_renderを通すと、どんなにキャッシュを有効にする設定にしてもキャッシュされません(先ほどまでデバッグで思いっきりはまっていました)。
 現在実装方法を検討中で、呼び出しのあるメンバをオーバーライドで書き換えてしまうことで標準Viewキャッシュを有効化するか、もしくはそちらは諦めてSmartyキャッシュをちゃんと使えるようにするか、どちらでいくか悩んでいるところです。SmartyView側からユニークな情報が受け取れるようならSmartyキャッシュを実装し、そうでなかったら標準ビューキャッシュを有効化する方法で行きたいとは思うのですが、需要としてはどうなんでしょうかね? 短い時間で申し訳ございませんが、もしキャッシュを活用したい方で、ご意見等ありましたらコメントしていただけると嬉しいです。