【戯れ言】「メトリック値」とは何ですか?

社内のサーバを引き続き構築しております。

ある程度出来てきたので、普段使用しているデスクトップ(XP)からリモートで管理者側LANにも接続できるように、LANカードを増設することにしました。俗に言う「LANカード二枚差し」です。

二枚差しそのものは当然ながらうまくいき、それぞれのネットワークに接続でき、問題なく動作していたかに見えたのですが、一つ困った状況になりました。
管理者側LANは、セキュリティの観点からインターネットに接続できないように設定してあるのですが、2枚差ししてある状態でインターネットを閲覧すると、まれに管理者側の方にルーティングされてしまい、インターネットアクセスが出来なくなってしまうのです。
また、この「まれ」というのが規則性が全くなく、突然起きるため非常に厄介でした。デフォルトゲートウェイ等を一生懸命設定してみたのですが、全く変化無し。見れたり見れなかったりを繰り返すため、仕方がないので管理者側のLANカードを無効にしておいて、必要なときに有効にするしか無いと思っていました。

Googleで「二枚差し」をキーワードに入れて検索したりもしたのですが、有効と思われるものが引っかからなくて、半ば諦めていたのですが、ようやく求めていた情報を入手することが出来ました。今まで気にもとめなかったパラメータが、ここで出てくるとは!

結論を言いますと、LANカード(厳密にはTCP/IP)に「メトリック値」というものを設定することが出来、これを用いることでネットワークの優先順を決めることが出来ます。
場所は、「マイネットワーク→(変更したいネット環境)→プロパティ→(TCP/IPのプロパティ→詳細設定→自動メトリック」で、チェックボックスを取り、「インターフェイスメトリック」の入力欄に小さい値(1など)を入れると、そのネットワークの優先度を上げることが出来ます。もう一方のネットワークについても、同様にこれより大きな値を入れておくとさらに安心です。

ちなみに、このネットワーク設定は、無線LAN併用しているようなノートPCでも有効だと思います。無線LANを自動接続設定してしまっていると、有線LANに接続しても無線LANを選択される場合もあります。そこで、有線LAN側のメトリック値を設定することで、高速回線を優先的に選択することが出来るようになりますので、この値設定はかなり有効だと思います。

いやー、XPは発売当初から使っていますが、まだまだ知らないことはたくさんあるもんだなぁ…と改めて思いました。
というか、ネットワークについて無知なだけかもしれませんが(^^;;;。