ECWorks Blog

ECWorks Blog

CakePHPを中心としたサイト開発情報をメインに公開。新しもの好きなので時々製品レポートなんかも。

【iPhone】異なるiTunesへ移行する方法

それとないことを書いていたと思いますが、iPhone用アプリを研究・制作するために、MacBookを買いました。今までほとんどMacを使ったことがないため、分からないことだらけです。とりあえず買って1日目で2回OS再インストールをしました(大汗)。まさか、個人フォルダ名がデフォルトでメールアドレス名になって、それが後から変更不可能だとは思っていなかったので……

Macの話はまた後日するとして、とりあえずiPhone関連の事象は全てMacBookで行いたいと思い、手始めとしてWindows内にあるiTunesの情報全てをMac側のiTunesに移す方法を考えることに。そのままMacBookにiPhoneを繋ぐと、iPhoneの情報が全て失われるのです(正確に言うと、現状何も入っていないMacBookの情報とiPhoneを同期してしまうため、結果としてまっさらになってしまう)。せっかく作った音楽ファイルを全て失ってしまいかねませんので、慎重にやらなければなりません。

まず、現状使っていたWindows版iTunesでiPhoneと同期をします。同期を完了させ、最新の情報になったことを確認します。
次に、「ファイル→ディスクへバックアップ」を選び、iTunes全体をバックアップします。全容量分のCD-RもしくはDVD-Rが必要になります。
バックアップが完了したら、今度はそのディスクをMacのiTunes上で読み込ませます。すると「バックアップを復元するか」というようなダイアログが出るので、それを実行させると、バックアップの復元が始まり、全てのデータがMac内に移行できます。
最後にiPhoneをMac側で同期して完了。最初全て消去されてしまいますが、その後に復元が始まりますので大丈夫です。

気をつけなければならないことは、iTunesStoreやAppStore等で購入したものの復元で、場合によっては各Storeから復元しなければなりません。「インストールできる回数」が1減りますので気をつけてください。この辺の作業はちょっと複雑で、購入した端末(PC/iPhone)で挙動も異なるようなので、マニュアル化が難しいです。まずは購入履歴リストを見て、そこからいろいろ試してください。

以上の方法は、購入したコンテンツの復元以外に関しては(というかどの方法でもこの問題には突き当たると思いますが)おそらく音楽データを直接吸い出してインポートするよりも遙かに楽に作業できますし、曲リストは壊れないし、その他の情報も問題なく移行できるのでおすすめです。
また実践したとおり、異なるOS間でも問題ないです。同OSなら、なお問題ないでしょう。
DVD-Rの消費なしに出来る方法が一番良いのですが、副産物としてバックアップディスクが出来るので、もしもの時のために保存しておいても良いかもしれません。

とりあえずiTunesの移行は終わりましたし、開発ツールもインストールして動作確認もしましたので、いよいよアプリを作り始める研究に取りかかりたいと思います。




このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをLivedoor Clipに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに追加 このエントリをdel.icio.usに追加 このエントリをFC2ブックマークに追加 このエントリをNifty Clipに追加 このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加 このエントリをBuzzurl(バザール)に追加 このエントリをChoixに追加 このエントリをnewsingに追加 

Leave a Response

キャプチャ画像
*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。