【iPhone】難解Xcode3.1(のInterfaceBuilder)

iPhoneアプリを作る勉強をしています。

正直難解です。
とりあえずInterfaceBuilderを使ってレイアウトしましたが、肝心のプログラム制御まで到達していません。

参考書は全く役に立ちません。というのは、日本語書籍のほとんどはXcode3.0以前を前提で書かれているらしく、ツールの操作方法は勿論、ツールの役割すら違うようなのです。
簡単に書きますと、参考書には、InterfaceBuilderでNSObjectのインスタンスを作り、actionとアウトレットを指定し、ファイルに書き出して使用…という流れのようですが、現在は実際にはXcodeでまずインスタンスを作り、あとからInterfaceBuilderでやるようなのです。
ちなみにInterfaceBuilderで編集するものはWindowsでいうリソースファイルなのですが、正直リソース内でオブジェクトを編集したり、さらに同じインスタンスをコードでも記述しなければならないとか、訳分かんないです。こういったものはアイテムを配置した、もしくは必要なときに勝手にソースに反映されるべきではないかと思います。VisualStudioに使い慣れているからかもしれませんが、Xcodeは現時点で無駄だと思う手続が多い印象で、大変に使いにくいです。

オライリー本のように、全部のアイテムをプログラムで生成するようなやり方なら、InterfaceBuilderの訳分かんない作法に振り回される必要もなさそうなので先に進めそうですが、でも現在作成しようとしているものはビューの切り替えを何個もしなければならないとか、ビューを沢山用意する必要があるとかで、GUIなツールでの編集もないと困るので、覚えなければおそらく躓くと思います。

というわけで、いきなり制作物を作る課程で勉強していこうと思っていたのですが、そのやり方は無理であると判断。地道にHalloWorldから始めた方が早そうだ…ということが分かったのが現在の状況です。

とにかく参考になる資料が少ないのが問題です。Windowsプログラムがどれだけ楽なことか。
MacBookのタッチバッドの反応もイマイチでそっち方向でもストレスが溜まっているので、現在の状況がかなり苦痛で心が折れそうです。AppStoreの日本語アプリがまだまだ少ないのですが、皆さん私と同じ様な状況なんでしょうかね? ネタはたくさんあるのに形にならない状況なので、ホント辛いです。誰か作ってくれるとホントに嬉しいんですけど(^^;;;

もうじき会社も夏休みに入り、まとまった時間がとれそうなのですが、その間になんとか解決したいところです。夏休み中に目処が立ったら、最終日は温泉につかってのんびりと癒されることにしよう、うん。