ECWorks Blog

ECWorks Blog

CakePHPを中心としたサイト開発情報をメインに公開。新しもの好きなので時々製品レポートなんかも。

【サーバ関連】Fedora10でdaemontools(qmail)にはまりまくった1日

prog-logoもしかしたら、当サイトにご来訪した際に一時的に閲覧不可能だったかもしれません。
ちょっとリブートを何回かやりました(汗)。

メールのマルチドメイン化がすっかりご無沙汰だったのですが、必要に迫られたので対応していました。
で、MTAもPostfixからqmailに変更することにしました。
前回別のサーバでsubmission化したPostfixの導入ではまったので。
そしてqmail(以前の)会社で使い慣れているのと、同じく前回導入して、その際の成果物としてインストール手順書を作ってあるので。

まあそんなわけで、1時間もあればバッチリ動くだろうと思っていたのが甘かったです。
子鬼を軽くあしらうつもりが、完全にあしらわれました(涙)。

というわけで、daemontoolsにはまりまくっていたのでした。
エラーなく手順書通りにインストールされ、動作テストをしようということでtelnetでアクセスするも反応なし。
psを確認すると、常駐しているはずのsvscanbootが見あたらず。
あれ、自動的にどこかに登録されるんじゃなかったっけ、とinittabを見ると、正しく追加されている。
でもどう見てもinittabが呼ばれていないような気がするのです。

まっさらにして再インストールを試みたり、いろいろ試しても結局daemontoolsは起動できず。
おかしいなぁと、半ば半べそ状態(嘘)でグーグル先生にしつこく相談すると「Fedora10はinittab呼ばないんじゃね?」ということで、やっと有用な情報に巡り会えました。

▼fedora10のinitがなんか変
http://blog.goo.ne.jp/pepolinux/e/768e07216f54d1743c4e139b91c9bce0

▼8.2.1. アップスタート
http://docs.fedoraproject.org/release-notes/f10/ja/What_Do_System_Adminstrators_Care_About.html

▼Ubuntu 8.04 LTS Server Editionへdaemontoolsをインストールする
http://backslash.ddo.jp/wordpress/index.php/archives/183

当方のサーバは先日Fedora10にアップグレードしまして、その際にinittabからupstartに変わったそうです。
前回はCentOSにインストールしたのですが、CentOSはinittabのままなので、大丈夫だった…という訳なのです。

というわけで、5時間くらい無駄な時間を使ってしまったようです。
というか、Fedora10 + qmail + daemontoolsのズバリの情報がなかったことにビックリ。
CentOS以外の新しめのLinux OSにqmailを入れる場合…とりわけFedoraに入れる場合ははまるぜよ、たぶん。




Comments are closed.